千村くんの爪の垢煎じてティータイム

私は、中高時代(主に中学生の時)に携帯小説を読み漁っていた。ちょうど携帯小説が流行っていた頃。

大学三回生の今では記憶に残っていないものの方が多いが、今でも好きだと断言できる作家さんがいる。「泣宮永」さんという方。サイトによっては、「永」という名前で活動されていた。もう何年も更新されていないが、永さんの書くお話が本当に大好きだ。

 

ふと思い立って、山積みの大学の課題をそっちのけにお気に入りの一つ「キミの肌を散歩」を読んだ。気づいたら夜が明けていた。

 

初めて読んだ時は、私は中学生だったと思う。恋愛小説で、舞台は高校。よく読んでいたネット小説は高校を舞台にしたものが多く、(少なくとも当時中学生だった私と同年代のキャラクターが出てくるものはほとんどなかった) キラキラした高校生活に憧れていた。

「キミの肌を散歩」は、そんなネット小説の中でも設定はヤンキーとか逆ハーレムとか芸能人とか、携帯小説によくある現実味がないようなものではなく、主人公の池内木南(いけうちこなつ)は普通の女子高校生である。同じクラスで席が近く同じ委員会に所属する千村優(ちむらゆたか)に恋をする、というお話。

ここまではよくあるお話なのだが、この千村くんが割と性格に癖のある子なのだ。顔が綺麗で色気があり地味にモテるが、恋愛経験はゼロ、気分屋でネガティブで自由人で残念な男の子(とされている)。

 

中学生の時は、不器用な千村くんに振り回されながらも恋に落ちていく主人公のキュンキュンする展開を楽しんでいた。第三者目線で。

両片思いのもどかしさを感じながらやっと付き合った後も何度か困難があり、乗り越えていく。いい話。

 

ただ、私は20歳になった今読み直してみて、第三者目線ではなく、主人公の気持ちにすごく感情移入していることに気づいた。(恋愛的要素以外のところで)

千村くんは、学校は大体3限から来るし、髪色は1ヶ月に1回変えて生活指導の先生に目をつけられているし、偏食で自由人。自称コミュ障で童貞、友達は少ない。個人的には童貞がなんやねんと思うんやけど、「おいおいお前まだ童貞なん?」みたいなちょっと"負け組"のような描写が昔の小説はよくある気がする。処女いじりとか。今も現実に普通にあるんかな?めっちゃ知らんけど。話が逸れた。とにかく、木南にとっては、普通のちょっと変人でネガティブ志向で無気力な高校生。

しかし、千村くんを知っていくにつれて、いろいろな一面を見て、遥かに大人で先を見据えていて、彼はとてもがむしゃらで能動的な人だったのだと気づく。関わっていくほど、「私はこんなすごい人と付き合っているんだ」という傲りと、距離が遠く感じられていく焦燥感、羨望。

 

それに対して千村くんを慕う子から投げかけられる言葉が、

「とんだお花畑だよね。ネットの動画サイトで自分の歌や踊りや演奏を上げてる人たちを見て『いいなぁ、羨ましいなぁ。私にもこんな才能があったらなぁ』って言ってる奴と同じに思える。そいつはパソコンの前に座ってるだけで何一つ行動を起こしたことないくせにね」

 

もうこの展開が、言葉が、自分に突き刺さって抜けなくて痛くて痛くて、恋愛的展開なんかよりもよっぽど苦しかった。にしても、この言葉は正論かもしれないけれど、初対面の普通のJKにそんな攻撃的なこと言わなくても…ヴヴヴって少し唸りそうになった。てかそこまで言えるって逆に愛がある。(この子の場合は千村くんの彼女(主人公)に敵意を抱いている、つまり千村くんに対しての愛だったけれど)

 

木南が千村くんに抱いたような感情がよくわかった。私にも同じような経験があった。

同じ学部の仲の良い友達が、学校の課題を全部自分で努力して必死にこなしつつ、毎日課外活動にも全力で取り組んでいた。自分には胸を張って頑張っていると言えるものがなかったし、学校の課題ですらさぼりがちで提出ギリギリにそこそこのクオリティで提出。

自分は何もしていないのに(だからこそ)、焦燥感だけが募り、友達が眩しすぎて痛かった。

 

毎日必死になって生きるのとかしんどい。

そこそこで生きていたい。

あまり何も考えずに生きていたい。

やりたいこととか分からんし。

死にたくならない程度に困難を避けて生きていきたい。

絶望も悲しみも辛さも寂しさも、出来る限り避けて生きていきたい。

…………………本当、そうかも。

 

めっちゃそう。

でも、この小説を読んでいて、たまには全力疾走してみたいなと思った。しんどくなったら迷わず急ブレーキ。違う方向にだって進んでもいいしスピードを緩めてもいい。調子が出てきたら走り続けたり。

他人と比べる必要はないと言われたところで、そんなの承知の上で、いろんな人と生活をしていく中でどうしても比べてしまう。でも、そんな時のどうしようもない痛みとか、耐え難いような辛さとか、漠然とした不安、絶望、悲しみ、寂しさ、負の感情も受け入れて生きていけたらいいのにね、全部愛していきたいよ。それすら自分の一部だから。自分なりに自分の人生踏み締めていくしかない。

 

あともう一つ。お話に戻るけど、千村くんは本当はただ大人でなんでもできる人ではなくて、千村くんも千村くんで人生という暗中を模索しながら、手探りで生きているということに気づく。

そのことに気づいた木南は、千村くんを振り回して責めてしまったことに対して謝罪してから、「この反省は、家に持ち帰って一人になった時にしようと思う」と心の中で切り替えている。

木南、いい女すぎんか〜〜〜!!(取り乱しました)

自分の弱さを認めて、相手に対して悪かったところをちゃんと謝罪しすぐに切り替えてあとで自分自身で反省する。簡単なようですごく難しいと思う。私もそうやって自分をアップデートしていける人になりたい。

確かに、誰かが羨ましくて妬んでしまうこともあるけれど、みんな人生1回目で、みんな手探り。要領よくこなしているように見えても、本当はもがいて努力しているのかも。

 

私も千村くんのように必死にもがいて生きていきたい。木南のように自分の弱さを認めて、強くなっていきたい。

 

生きるのとかしんどいけど、能動的に生きたいとか思えないけれど、千村くんが、このお話が、もしくは自分ではない誰かの存在が、なにかが、糧になって全力疾走してみようかなという気にさせるかも。

 

読後の勢いに任せた拙文でした。タイトルもいいの思いつかん。千村くんの爪の垢煎じてティータイムでもしよか〜!って、木南ちゃんのもください正直。いやいややっぱり自力で成長します(ごちゃごちゃうるせ〜)

 

これは、恋愛要素は置いておいて、成長物語。私もこうやって自己嫌悪とか妬みとかをそのままにせず自分で模索して自分の道探したいな〜と思った。これはこうだ!と押し付けるわけじゃなくて、そっと優しく道標を示してくれるみたいなお話。

 

ありがとう永さん。いいお話を読んだ後は生み出してくれた作者さんと登場人物たちに感謝をしたくなる。感謝

 

てかこんな3000字弱の文字読むくらいなら「キミの肌を散歩」読んだ方がいい、というか読んでほしいという結論。